トップページ > 髪の乾かし方 > 正しい髪の乾かし方(タオルドライ&ドライヤーの使い方)

正しい髪の乾かし方(タオルドライ&ドライヤーの使い方)

◎ しっかり乾かしたほうがいい!?それとも....

ドライヤーの高温で髪が傷むということで、ドライヤーを使わず自然乾燥させている人や潤いを残すため多少濡れたままにしておくという人もいますよね。

あなたは、しっかり乾かす派でしょうか?それとも多少濡れたままにしておく派?ドライヤーは使わない自然乾燥派でしょうか?先に正解をいうと、「髪は根本から毛先まで100%しっかり乾かす」というのが正解です。

髪は乾かし方ひとつでその状態が大きく変わってしまいます。

髪を濡れたままで放置したり、生かわきにする問題点を挙げると、濡れた髪では頭皮が蒸れやすく、頭皮の常在菌が繁殖しやすい状態になるので、ニオイやかゆみの原因になってしまうというのがまず一点。

それから髪がうねりやすい人は自然乾燥させることで余計に癖がついてしまうこともありますし、濡れた髪は膨張するので、その分、摩擦も受けやすくなってしまうことでキューティクルが傷んで髪の痛みの原因になってしまいます。

以上の理由が「髪は根本から毛先まで100%しっかり乾かす」という根拠になります。

ということで、「じゃ、正しい髪の乾かし方は?」ということなんですが、

● タオルドライのやり方

髪をタオルで覆い、軽く押さえるようにして水気をとり、タオルの上に指をおいて優しくマッサージするようにして「頭皮」を拭きます。髪が長い場合は、全体の水気を拭き取った後に、毛先をタオルにはさんで押さえるようにして水気をとります。

水気はゴシゴシ拭き取るのではなく、タオルで押さえて吸い取るようなイメージです。

● ドライヤー

ドライヤーは髪から20㎝以上、離して使うのが基本です。毛流れに逆らわないように後ろから前へ指先を巧みに動かしながらバラバラの角度で倒れている根元の毛を起こしつつ、方向を整えながら根元をまず最初に乾かすします。

髪が長い場合は頭を下向きにすると髪の内側や根元が乾かしやすいです。

根元が乾いたら、襟足から毛先に向かって毛ぐしを通しながら乾かしていきます。最後に襟足の内側から手ぐしを入れて、内側が半乾きの状態になったら毛先の流れを整えて、毛先を乾かします。

仕上げに冷風を利用すると髪にツヤがでますし、乾いているかどうか確認もできます。

● でも、やっぱりドライヤーの熱風って髪を乾燥させるし、ダメージが気になる

という方は最近人気の低温ドライヤーを使ってみてはいかがでしょうか?一般的なドライヤーは温度にして120度近くあるといわれますが、髪が耐えることができる温度は70度前後と言われています。

それゆえできるだけ髪から離すようにということになるわけですが、髪から離せばそれだけ乾かす時間が長引くのでこれもまた問題です。その点、低温ドライヤーの温風は、60度程度なので、髪に与えるダメージも抑えられますし、髪に接近させて使える分、髪を乾かす時間も短縮できます。

そんなわけで、低温ドライヤーなかなか評判いいみたいですよ。

Copyright © 2013 髪のパサつきを防ぐ正しいヘアケア超入門【Q&Aあり】· All Rights Reserved·