トップページ > 髪のパサつきを防ぐ基本4ステップ >  オイルの活用方法

オイルで美髪をつくる!

スカルプケアにオイルというのは、美髪だけでなく、抜け毛や薄毛予防にもなるんです。オイルの活用方法を知っておくだけでもだいぶ髪の状態が違ってきます。

オイルの活用方法について

こんなに凄い!オイル活用方法

◎ 3歩先行く、髪と頭皮の「オイル美容」

キラキラとした光沢とツヤをだそうと思ったらやっぱりオイルが一番です。髪にツヤがなくなるのは、髪の毛が乾燥して傷んでいる証拠。オイルは髪に潤いを与えるだけでなく、紫外線から髪を守る作用もあるんです。

髪のパサつき防止を考えた場合、とにかく髪をなめらかにすることが大切です。使用感や仕上がりなど髪がするするとなめらかになるものであれば、なんでもいいといえばいいんですが、幅広い効能を考えるとオイルのほうがいいです。

(※オイルといってもここではホホバオイル等の純正系オイルのことを指します。)

オイルは食わず嫌いの人が多いのですが、髪や頭皮に対するメリットを紹介すると、

■ キューティクルを保護して、栄養を与えるのでツヤと潤いアップ
■ 髪をコーティングすることで手触りがさらさらに
■ 髪を紫外線から守る
■ 頭皮の皮脂バランスを整えて頭皮をさっぱり&乾燥を防ぐ
■ 頭皮の毛穴汚れを浮かせて除去
■ 頭皮を柔らかくする(薄毛防止?)

まさにパーフェクトといっていいほど髪の健康と美容にうってつけなんです。

髪の毛に使うオイルとしては椿油が有名ですが、ホホバオイルのほうがずっとサラサラしてますし、浸透もよく、オイル自体の栄養価や保湿力も高いです。椿油は抜け毛や薄毛予防には使われませんよね?それだけの違いがあるってことです。

たぶんホホバオイルを使っていて唯一、気になるのがニオイです。髪の毛から匂ってくるのがホホバオイルのニオイっていうのはどうなの?というのが香料入りのトリートメントに慣れた人は思うはずです。

香りのの解決方法は、ホホバオイルに自分の好みのエッセンシャルオイルを加えれば、いい香りになるので一発で解決できます。

髪の毛のパサつきやダメージが気になれば、シャンプー前のトリートメント、アウトバストリートメントとして使えばいいですし、頭皮がべたつくと乾燥する、フケが多いというときは頭皮マッサージに使うと効果があります。

今、発生している髪のパサつきや乾燥などを改善するための対症療法にもオイルは使えますし、将来、細毛や抜け毛、薄毛に悩まされることなく、太く丈夫でハリとツヤのある髪を保つ髪のアンチエイジングを考えても髪と頭皮のオイル美容は役立つはずです。

Copyright © 2013 髪のパサつきを防ぐ正しいヘアケア超入門【Q&Aあり】· All Rights Reserved·